患者を救う仕事

患者を救うための医薬品の製造のために、治験で様々なデータを基にした上で誰もが納得のいく医薬品としての効果が実証される必要があるのです。治験をすることは、一種の答え合わせのような試行錯誤の繰り返しをするものであり、間違いだらけの渦中に居ながらも懸命に答えを探し出そうとする意志力を継続していくことで、患者を立ち所に直してしまうくらいの医薬品の誕生を実現させていくと思うのです。
 本来、患者への看護をするために病院勤めをしていたのが、病院側からの要望によって医薬品の製造に関わる治験を担当することになる看護師がおられるでしょう。治験に関わる仕事をしたいと思ったときに、治験によって生み出された医薬品によって救われていく患者の姿を想像することで、間接的に患者を看護しているのだという感覚を抱くのだろうと考えられて、治験に特化した資格の取得を視野に入れた仕事に対する前向きな気持ちを確立させていくことがうかがえてくるのです。患者のためになる医薬品があることで、通院することなく病気を治すことができるのであれば、治験に関わる仕事を意義のあるものとして受け止めていく看護師が少なくないと思うのです。治験コーディネーターになるための努力をすることが、取りも直さず患者を不安に陥れる病気の根絶につながっていき、治験コーディネーターが看護の社会を支える存在として重宝されていくことでしょう。明るい未来を作り出していくために、治験コーディネーターを目指す方が増えていきそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website