治験に関わる仕事

治験とは新しい薬の開発のために実際にその薬を服用したり投与してその経過を見る、試験を兼ねたものです。治験のアルバイトなども募集されているので言葉としては聞いたことあると思います。看護師がここで働くには2種類の仕事があります。まずはCRC呼ばれる治験コーディネーターです。治験を行う現場での治験作業全般のサポートを行うので、実施前から実施後まで全体の流れを把握することが必要です。治験を行う責任者である医師の指示に従い、準備をしたり治験者に対応したりします。また、治験結果の報告書の作成なども行うので事務的作業もあるし、薬事法の知識も必要です。ですので事務作業や薬事法を勉強するのに抵抗のない人、さらには看護師として治験者の対応、ケアをすることが出来る人が向いているでしょう。そしてもう一つ、CRAと呼ばれる臨床開発モニターです。これは治験が法律上問題がなく行われているか、現場で得た情報が正しいものかどうかなど、治験を管理、監視する役割を果たすものです。業務としては治験を行う医療機関へ訪問して医師と面談し、治験の実施の仕方などを細かく説明し、終わったあとの資料をまとめたりチェックしたりします。相手とするのは医師や医療機関など専門的知識がある人になるので、看護師として得た知識を活かしたい人に向いている職業だと思います。しかし医療機関に訪問に行くということにもなるので、会話スキルなどもあるとよりいいと思います。どちらも主に平日の仕事で土日が休みのことが多いので、働く条件としてもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website